Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 181 to 200 of 503)
(showing articles 181 to 200 of 503)

older | 1 | .... | 8 | 9 | (Page 10) | 11 | 12 | .... | 26 | newer

    0 0

    イメージ 1イメージ 2
    イメージ 3
    イメージ 4
    イメージ 5


    0 0

    三菱自動車は、燃費試験データを不正に操作していたと発表しました。過去のリコール隠しで破綻寸前に追い込まれても、全く懲りていなかったのです。空飛ぶタイヤに母親が殺されたのに、プロペラシャフトに運転手が殺されたのに、少しも反省していませんでした。

    三菱自、ブランド再び失墜 日産への補償も必要…「問題どこまで広がるか」経営責任へ(SankeiBiz)

    こんな企業でも三菱グループは再び助けようとするのでしょうか。助けた結果がこの有様です。日本には自動車メーカーがいくつもあるので、三菱自動車が倒産しても消費者は困りません。購入者を騙した三菱自動車を倒産させましょう!


    0 0

    イメージ 1
    イメージ 2
    イメージ 3
    イメージ 4
    イメージ 5


    0 0

    三菱自動車に関する余談ですが、タイヤに殺された女性の母親が提訴した民事訴訟では、原告の訴訟代理人を担当した青木勝治弁護士が、損害賠償金を自分の口座に振り込ませ、原告に賠償金をいっさい渡さなかったそうです。横浜弁護士会は、賠償請求額を一方的に増額し、これに伴う報酬の変動についても原告に説明しなかったなどとして、同弁護士を業務停止6か月の懲戒処分としています。

    弁護士が賠償額の4倍の報酬請求 タイヤ脱落事故で遺族に(日本経済新聞)

    そして、調べてみてびっくりです。この弁護士は他にも複数の懲戒処分を受けており、相談者をラブホテルに連れ込もうとしていた事実が発覚していました。やはり、弁護士は信頼に値しないということですね。

    青木勝治弁護士【横浜】業務停止6月懲戒処分(弁護士自治を考える会)

    こうした弁護士は、被害者の痛みなんて少しも感じていません。利用してやろうと考えているのであり、手間をかけずに儲けようとします。何らかの被害に遭って弁護士を必要としたならば、不利益を被らないように慎重に選定しなければなりません。不正を行なう企業と同様に、ろくでもない弁護士は社会から淘汰されるべきです。


    0 0

    イメージ 1
    イメージ 2
    イメージ 3
    イメージ 4
    イメージ 5


    0 0

    イメージ 1
    イメージ 2
    イメージ 3
    イメージ 4
    イメージ 5


    0 0

    イメージ 1イメージ 2イメージ 3イメージ 4イメージ 5

    0 0

    イメージ 1
    イメージ 2
    イメージ 3
    イメージ 4
    イメージ 5


    0 0

    橋下徹前大阪市長が、名誉毀損訴訟で敗訴しました。橋下氏は父親と反社会的勢力とのかかわりについて取り上げた月刊誌「新潮45」の記事で名誉を傷つけられたとして、1100万円の損害賠償請求訴訟を起こしていました。しかし、判決では「記事は政治家としての適性を判断することに資する事実で、公益目的が認められる」と、大阪地裁は橋下氏の請求を棄却しました。

    「出自記事で橋下氏が新潮社に敗訴 大阪地裁」(産経WEST)

    大阪府知事になったのに大阪市長に鞍替えし、自分の考えを通そうとして政党を作り、お山の大将になれないと離れてしまい、人気を維持するために政治をやめて再びテレビに出る。おそらく、もう一度政界に復帰するためでしょう。彼の言動を見ていれば、おおよそ公人としての覚悟がないとわかります。何のために政治を志したのでしょう。私にはただの自己顕示欲にしか見えません。そういえば、また弁護士ネタ、大阪ネタになってしまいました。


    0 0

    イメージ 1
    イメージ 2
    イメージ 3
    イメージ 4
    イメージ 5


    0 0

    ヤマダ・エスバイエルホームのニュースリリースで、新たな人事が発表されました。ヤマダ電機代表取締役会長の山田昇氏がヤマダ・エスバイエルホームの代表取締役会長にもなります。ヤマダ電機グループの最高意志決定者がヤマダ・エスバイエルホームにも直接関わるようです。また、本店の所在地を現在の大阪市からヤマダ電機と同じ群馬県高崎市に移転するそうで、より一体化した経営を進めると思われます。

    人事、ヤマダ・エスバイエルホーム(日本経済新聞)

    さて、今年の2月に東京支店は新宿西口から品川に移転しましたが、大阪本社はどうするのでしょうか。大阪市北区天満橋のOAPタワーは家賃が高そうに見えますが、本社機能を高崎に移すなら、大阪支店として別の場所で出直すかもしれません。でも、「第三の創業期」としてイノベーションするならば、もっと大切なことがあるのではないかと私は思います。ブランドコミュニケーションを正しく理解できないままでは、より良い社会の実現に貢献できるはずがありません。

    ところで、今回の発表では、毎日新聞で記者から役員になられた方が社外監査役になるという情報もありました。言論の自由を監査してもらおうという意図でしょうか。「されど真実は執拗なり」を会長に教えてくださると、私としては有り難いです。そういえば、前社長は今頃何をしているのでしょうね。確か2015年度(16年2月期)で、売上高を1000億円にする目標だったと思いますが、達成する前に交代されてしまいました。


    0 0

    イメージ 1
    イメージ 2
    イメージ 3
    イメージ 4
    イメージ 5


    0 0

    大阪市東住吉区で小学6年の女児が死亡した、いわゆる「東住吉放火殺人事件」で、殺人罪などで無期懲役が確定した朴龍晧さんの再審が大阪地裁で開かれました。朴さんは改めて無罪を訴え、検察側は「有罪であるとの主張、立証はしない」と述べ、無罪が確定する見通しです。

    釈放の男性、無罪確定へ=検察側、有罪主張せず-小6焼死、再審始まる・大阪地裁(時事通信)

    この事件では、テレビ朝日の「ザ・スクープスペシャル」や「報道ステーション SUNDAY」でガソリンを実際に撒いて再現した実験を解説していましたが、その後の冤罪報道でも以下の事実には一切触れていません。すべての報道機関が、亡くなった少女が朴さんに強姦されていた事実を伏せています。警察は、遺体の膣から朴さんの精液を検出したと母親に告げており、母親はその事実を手紙に記述し、朴さんも認めています。

    「朴さんからのメッセージ(4)」(東住吉冤罪事件を支援する会)

    なぜ、報道機関はこの重大な事実を隠すのでしょう。仮に放火殺人が冤罪であるならば、この事実を突きつけられて虚偽の自白を行なったという可能性もあります。そもそも、少女は浴室で性的虐待を受けたから、本当は火事から逃げられたのに、人生を諦めてしまったのかもしれません。検察が杜撰な立件を行なったために、立件すべき別の事件は闇に葬られてしまいました。「本当に助けたかった。助けたくて助けたくて必死でした」という強姦犯人の言葉を誰が信じられますか。

    再審が決定した頃からネット上では公知の事実となっています。強姦事件は冤罪とは無関係ではありません。そして、何よりも、亡くなった少女の尊厳が踏みにじられていると私は考えています。そのため、当ブログの趣旨とは異なりますが、多くの方々に知って頂くために取り上げました。悪意ある犯罪行為を絶対に許してはいけません。


    0 0

    イメージ 1
    イメージ 2
    イメージ 3
    イメージ 4
    イメージ 5


    0 0

    イメージ 1
    イメージ 2
    イメージ 3
    イメージ 4
    イメージ 5


    0 0

    乗客乗員15人が死亡した長野県軽井沢町のスキーツアーバス事故から3か月以上が経過しましたが、事故の原因は明らかになっていません。運転手の死因は「多発性外傷」なので、運転中に意識を失っていた可能性は低いです。ツアーを企画した「キースツアー」とバスを運行した「イーエスピー」は「軽井沢スキーバス事件被害者遺族の会」が開いた説明会に応じましたが、バスの運行管理に問題があり、安全管理の把握に落ち度があったという状況が判明しているだけです。

    「軽井沢のバス事故、業者が遺族に直接説明」(信毎web)

    私は、事故が起きた碓氷バイパスを何度も乗用車やバイクで走っており、去年の秋にもツーリングで通っています。碓氷バイパスの群馬県側はキツいカーブが続く場所もありますが、長野県側は緩いカーブや勾配で、「バイパス」という名の通り道幅も広く、とても走りやすい道路です。事故があった入山峠の長野県側は、群馬県側から峠を登りきって、多少下ったあたりです。

    報道では、ギアがニュートラルでフットブレーキに故障はなく、運転手の操作ミスの可能性があるという長野県警の見解が伝えられています。しかし、登りではほとんどフットブレーキを使わないはずで、事故現場までにフェード現象が起きるほどフットブレーキを酷使するとは思えません。あの程度の距離と坂で、フットブレーキだけで減速できない自動車なんて有り得ないし、映像ではブレーキが効かないために加速しているように見えます。


    0 0

    事故を起こしたバスのメーカーと車種について以下の報道がありました。事故車両は、2002年に三菱自動車工業(現在の三菱ふそうトラック・バス)が製造した観光バス「エアロクィーン」です。甲信ふそう上田支店に持ち込まれて、警察が検証を行ないました。三菱ふそうトラック・バスによると、エアロクィーンは1992年から製造が始まり、最近3年間は年640~800台が販売され、特に異常の報告はないそうです。

    事故車両、ギアがニュートラルに エンジンブレーキ利かず制御不能状態か(産経ニュース)

    さて、三菱自動車工業の乗用車部門およびトラック・バス部門では、2000年と2004年にリコール隠しが発覚しました。2002年には、プロペラシャフトの破損でブレーキ配管が破壊され、制動不能に陥ったトラックが山陽自動車道熊毛インターチェンジ料金所で止まれませんでした。しかも、そのまま一般道に突入して曲がり切れずに事故を起こし、運転手が死亡しています。にもかかわらず、今度は日産の指摘で燃費不正が発覚し、1990年代からその不正が続いていたのではないかという疑惑も浮上しているのです。

    その会社で事故を起こしたバスの検証が行なわれたならば、それは信頼できる検証でしょうか。警察が行なったとはいえ、バスの構造を細部まで熟知しているはずはありません。製造者が簡単にごまかせる状況であり、実際に過去2件の死亡事故では警察や被害者を騙していたのです。バスに欠陥があったとしても、正直に認めないと考えた方が自然です。悪意ある企業の言い逃れは、絶対に見逃してはいけません。死人に口無しになるかもしれなかった私は、心からそう思います。


    0 0

    昨夜放送された、NHKスペシャル「そしてバスは暴走した」を視聴しました。実は当ブログの「軽井沢スキーバス事故は本当に運転手の操作ミスか?」「軽井沢スキーバス事故は三菱ふそうのエアロクィーン」は以前から明日以降に公開される設定としていたのですが、NHKスペシャルの放送を知って急遽前倒ししました。放送を見て、あまりにも杜撰な内容に驚き、この記事を追加します。

    軽井沢スキーバス事故は原因さえ分かっていないのだから、事故とバス会社や運転手との因果関係を推定できるはずがありません。にもかかわらず、運転手の個人的な事情をさも問題があったかのように報じるとはどういうつもりでしょうか。貧乏だから事故を起こしたと言わんばかりです。運転手は親族と疎遠な高齢者だから誰も文句を言うはずがないという前提で、死人に口無しを良いことに血祭りに上げたとしか受け取れません。

    そして、バス会社の関係者が誠実に取材に応じているのに、なぜ三菱ふそうトラック・バスの取材がなかったのでしょうか。取材に答えるシーンがなく、バスのメーカー名を伏せたまま、その企業の内部資料を公開するのはあまりにも恣意的であり、一方に肩入れしているという点で卑怯です。過去の不正との関連は重大な疑義であり、整備不良によってハンドルが利かなかったとしても、下り坂で減速できない理由にはなりません。

    また、大型二種免許の保持者に高齢者が多いという指摘も事故とは何の因果関係もありません。若いバスの運転手が不足していると言いたいならば、目的もなく世間体のために大学に進学させる親や中卒・高卒を蔑む社会に焦点を当てるべきです。私の父親は個人タクシーの運転手でしたが、年齢を重ねるに連れて夜間の仕事を減らし、身体能力に応じた仕事を心掛けていました。

    この運転手が大型車を避けたがり、自分の負担を減らそうとしていたのは安全意識が高いからです。何ひとつ不合理な点はありません。超高額なNHK職員の給料や身分保障を考えれば、信じられないくらいに安い給料で働いているのかもしれませんが、普通の60代にどれだけ仕事があると考えているのでしょう。

    被害者の取り上げ方にも疑問が生じました。有名大学の学生だから?ちょっと可愛いから?被害者には一切落ち度はありませんが、この国を背負って立つ優秀な若者が、ろくでもないバス会社や運転手に殺されたという構図を無理矢理に作ったとしか思えません。いったい何様のつもりでしょうか。

    NHKスペシャルの多くの番組を私は評価していますが、一方で検証が不十分なまま放送され、問題となった番組がいくつもあります。なかでも「奇跡の詩人」は滅茶苦茶で、番組内で1歳か2歳位の長女が虐待されているのに些かの疑問も持たず、障害を抱えている長男が奇跡の能力を持っているという母親の異常な思い込みをそのまま放送していました。放送翌日には、長男が執筆したという講談社「ひとが否定されないルール」の新聞広告が掲載され、「NHKスペシャル大反響」の帯付きで発売されるという不可思議な事実もあります。

    その挙げ句に佐村河内守氏を絶賛した「魂の旋律~音を失った作曲家~」の放送です。この件でも講談社から出版された佐村河内氏の自叙伝との関連に疑惑が持たれています。もしも、軽井沢スキーバス事故の原因が車両の欠陥だったら、運転手の個人的な事情まで攻撃した事実をどう釈明するのでしょう。今回もすべてのアーカイブから削除して、なかったことにするのでしょうか。


    0 0

    イメージ 1
    イメージ 2
    イメージ 3
    イメージ 4
    イメージ 5


    0 0

    イメージ 1
    イメージ 2
    イメージ 3
    イメージ 4
    イメージ 5


older | 1 | .... | 8 | 9 | (Page 10) | 11 | 12 | .... | 26 | newer