Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 121 to 140 of 503)
(showing articles 121 to 140 of 503)

older | 1 | .... | 5 | 6 | (Page 7) | 8 | 9 | .... | 26 | newer

    0 0

    1月18日の口頭弁論についてご報告します。私は「第4準備書面」を陳述し、証拠説明書とともに証拠を提出しました。ヤマダ・エスバイエルホームは「準備書面(2)」と私の文書提出命令に対する「意見書」を陳述して、証拠説明書とともに証拠を提出しました。まあ、後述しますが、ヤマダ・エスバイエルホームの提出物は証拠にも何もなっていないのですが。

    原告(ヤマダ・エスバイエルホーム)、被告(泣き寝入りしない男)の弁論が終わると河合芳光裁判長は、原告が訴状の別紙として提出している目録(http://blogs.yahoo.co.jp/goinkyo_suzuki/63314010.html)の各々の項目について瑕疵を根拠として反論するように私に求めました。私が「これが全部名誉毀損に当たるという主張ですか?」と確認すると、裁判長は原告に確かめた上で「そうです」と答えました。

    私は「ブログの大半はただの写真や裁判の記録ですが・・・」と問いかけ、ヤマダ・エスバイエルホームの「ヤ」の字も書かれていない記事について、「これも原告の名誉を毀損しているのですか?」と再度確認しました。原告代理人は「そうです」と答えるので、私は「では、この記事も名誉毀損に当たるという主張ですか?」と「ポルシェ 911 GT3 新型で車両火災(http://blogs.yahoo.co.jp/goinkyo_suzuki/62429191.html)」を示しました。驚いたことに、この記事がヤマダ・エスバイエルホームの名誉を毀損していると代理人は述べました。北浜法律事務所・外国法共同事業は大丈夫でしょうか。


    0 0

    この訴訟の目的がはっきりしました。被害者である施主へのただの嫌がらせです。これほど滅茶苦茶な主張でも、私は裁判に付き合わなければならないのでしょうか。私は原告の主張に反論しなければならないのでしょうか。そう思って困った顔をしていると、河合裁判長は原告代理人に対して「それぞれの記事について名誉を毀損しているという根拠を提出してください」と命じました。

    つまり、私が反論しようがないほどに、原告の主張が理に適っていないと裁判長は認めたわけです。自分が蒔いた種で自分の首を絞めるような事態に陥るとは滑稽です。まあ、現在担当している弁護士には同情しますが。訴状を提出したのは別の弁護士なので、とんだ災難に見舞われたと解釈できなくもありません。211ページ649項目のすべてに法的根拠を明示する作業は大変ですね。提出期限は先月末でしたが、現時点で何も届いていません。相変わらずの社会人失格です。

    さて、私は同じ項目に反論しなければなりません。ファイルで受け取ったとしても作業が減るわけではありません。膨大な時間を費やすことになります。この目録のせいで分厚いファイルは4冊目に突入しました。口頭弁論のたびに裁判所まで持って行くだけでも重労働です。どこにも正義がないのに、なぜヤマダ・エスバイエルホームは莫大な弁護士費用を投じるのでしょう


    0 0

    今回、私が陳述した「第4準備書面」で河合裁判長は瑕疵について納得されたようでした。もしも、これでも瑕疵が認められないならば、日本の裁判所が瑕疵を認めることは滅多にないのだと言わざるを得ません。裁判長が原告代理人に「被告の第4準備書面に対する反論はありますか」と問いかけると、なんと原告代理人は「ありません」と答えました。

    私には原告代理人が諦めているように見えましたが、裁判長はその答えに対して「反論を提出してください」と命じました。おそらく、議論を尽くすという裁判の基本を守ってのことだと思います。原告代理人は渋々了承して、ふて腐れたような面持ちで法廷を後にしました。

    こんな訴訟を担当する裁判官も大変です。もしかすると私の記憶違いかもしれませんが、私は欠陥住宅訴訟の一審を担当した片野正樹裁判官の書類に付箋が付いていた記憶を持っていません。しかし、今回の書類には何色もの膨大な付箋が付けられているので、三人の裁判官がしっかりと読み込んでいるのだろうと思います。次回の口頭弁論がまもなく開かれますが、この訴訟はいつまで続くのでしょう。


    0 0

    原告(ヤマダ・エスバイエルホーム)の「準備書面(2)」と私の文書提出命令に対する「意見書」について、私が反論する機会はかなり先になりそうですので、この場で簡単に論破します。

    原告の相変わらずの嘘の羅列には本当に参ります。私が「億」という言葉を出して買い取りを要求したと主張しています。私は買い取り提案において一切金額を提示していませんので、極めて悪質な「嘘」の主張です。こうして嘘ばかりつくから、私は面談時の録音もしくは録画を出させるように文書提出命令申立書を提出していますが、原告は出せないという矛盾した主張を行ないました。嘘がバレるからです。

    また、イソシアネートを原料とする接着剤に関して、私は漏水によって壁体が崩壊・消失した結果、有害物質が飛散して健康被害が発生したと裁判で主張し、当ブログでは可能性に言及しています。有害性は専門家の論文を2種類も証拠としています。にもかかわらず、原告は「壁体にイソシアネートを使用したせいで健康被害が発生したと私が主張し、ブログで誹謗中傷した」という内容の嘘をつきました。

    代理人は司法試験に受かるほど頭が良いのですから、こんな低次元なすり替えはやめて欲しいですね。挙げ句の果てには、イソシアネートは大量に使用されているという意味不明なリストを証拠(甲7号証)として提出しました。ヤマダ・エスバイエルホームはどれだけ嘘をついたら気が済むのでしょうか。嘘をつくのはやめてください!


    0 0

    外壁材(サイディング)と石膏ボード・壁紙で密閉された壁体内部にもかかわらず、一審では建物引き渡し時が除斥期間の起算点だと認定されました。二審では、高裁の判事が私達に対する救済策として和解協議の場を設けましたが、青木興業はわずかな金額しか提示せず、ヤマダ・エスバイエルホームは無視したので和解は成立しませんでした。二審の判決も除斥期間の経過を認定して私は敗訴しましたが、欠陥住宅ではないなどという判決は一審二審を通じて一切出されていません。


    イメージ 1


    0 0

    ヤマダ・エスバイエルホームは、自らが差し向けた弁護士が青木興業の代理人となって2012年8月に恫喝文書を送りつけて以来、嘘をつき続けています。私は調査を許可したのに、調査を拒否されたという嘘。私は金額を提示せずに買い取りを提案したのに、「億」単位の金額で買い取りを要求されたという嘘。解決金の提示を私に要求したくせに、私が金を要求したという嘘。私は売買に伴って発覚したと伝えていたのに、知らされていなかったという嘘。「あまりに事実とかけ離れた一方的な書き込みが継続しております」という嘘。ほぼ全ての主張が嘘なので切りがありません。


    イメージ 1


    0 0

    ヤマダ・エスバイエルホームは、自社にとって都合の悪い事実には触れません。我が家の建築において監理義務を履行せず、建築士法に違反している事実。私が当初から再発防止や全棟検査を訴え、協力すると申し出ている事実。青木興業が我が家の損害発覚以前に、同様の損害を3件も発生させていた事実。建築時の写真や専門家の調査結果などを面談時に受け取っていた事実。当ブログに青木興業とヤマダ・エスバイエルホームの主張が全て掲載されている事実。最初に青木興業が提訴し、私が実質的に反訴した事実。住生活基本法第8条に定められた情報の提供を行なっていない事実。我が家の引き渡し時から何事も隠蔽し続けているので切りがありません。


    イメージ 1


    0 0

    ヤマダ・エスバイエルホームは、「(東京地裁及び東京高裁で)当社側の主張が全面的に認められ(た)」という嘘をついてIR文書を発表しています(http://www.sxl.co.jp/ir/news/pdf/20140603.pdf)。「ここに事実のみをご報告申し上げます」と記述しながら、除斥期間の認定には一切触れていません。事実を過大に評価し、他人を惑わさせる行為は風説です(http://www.kabuschool.jp/729/)ので、金融商品取引法第158条に抵触する可能性が高いのではないでしょうか。

    イメージ 1


    0 0

    理解不能で非論理的な判決が下されたので、私は最高裁判所に上告及び上告受理申立を行ないました。私の文書は立命館大学法科大学院教授の論文に依拠していますので、決して素人の腹いせ的な主張ではありません。高裁の判事も上告する価値はあると話していました。除斥期間の起算点は権利を行使できる時であると数々の最高裁判例が示しており、加害者が故意に損害賠償の根拠となる事実を隠蔽した場合には除斥期間が適用されないという最高裁判例もあります。そして、まもなく改正される民法では除斥期間という解釈そのものがなくなります。

    イメージ 1


    0 0

    本当に救いようのない企業です。東京高裁の判決後にヤマダ・エスバイエルホームは大阪地裁で名誉毀損を根拠とする損害賠償請求事件を提訴しました。青木興業は提訴していませんので、瑕疵と不法行為を認めているのでしょう。私が裁判の移送を申し立てると大阪地裁は移送を認め、東京地裁で裁判が開かれることになりました。北浜法律事務所・外国法共同事業の弁護士は、素人に移送されたわけです。私は青木興業の瑕疵と不法行為を立証し、ヤマダ・エスバイエルホームの不法行為を立証した上で、不当な提訴に対して損害賠償請求事件として反訴しました。

    イメージ 1


    0 0

    極めて知能が高いはずの最高裁判事は、欠陥住宅訴訟の上告及び上告受理申立を棄却しました。新築住宅引き渡し時に、密閉された壁の中に瑕疵と不法行為があるとわかったはずだという判決を支持したのです。あなたは論理的に理解できますか。誰もが新築住宅を壊して、壁の中をチェックするのでしょうか。この判決を下した判事達は、商品を買ったら即座に分解するのでしょうか。極めて理不尽な決定です。

    イメージ 1


    0 0

    ヤマダ・エスバイエルホームは私を攻撃する一方で、未だに全棟検査を行なっていません。企業の社会的な責任を少しも果たそうとしないのです。当ブログには、我が家と同様にシャッターケースの内壁が防水されておらず、通気層がないと思われるハウス55住宅の施主の方からコメントを頂いています。何度も費用を払って修理しているのに、雨漏りが直らないというコメントも頂いています。ということは、我が家と同等の損害が発生していながら、気付かずに居住している方々が大勢いる可能性は高いのです。


    イメージ 1


    0 0

    青木興業は、床下に防湿シートを施工せず、開口部に先貼り防水紙や防水テープを施工せず、防水紙を壁面全体に施工せず、通気層を確保しませんでした。ヤマダ・エスバイエルホームは建築士法に定められた監理義務を履行しませんでした。その結果、我が家は欠陥住宅となり、両社が私を騙して建物を引き渡した挙げ句に構造壁の多数が崩壊する事態に至りました。しかも、我が家と同様の損害が3件も発生していたのに、青木興業は私には一切連絡しませんでした。ヤマダ・エスバイエルホームは、これほど明確な瑕疵と不法行為にもかかわらず、名誉毀損で私を訴えて虚偽だらけの主張を行なっています。

    イメージ 1


    0 0

    私の被害をまとめます。①青木興業とヤマダ・エスバイエルホームは構造壁が崩壊すると予見していたにもかかわらず、私を騙して欠陥住宅を引き渡し、建物が倒壊しかねないほどの損害を与えました。②2012年に我が家の損害が発覚して以降、青木興業とヤマダ・エスバイエルホームは弁護士を使って何回も私を脅迫しました。③青木興業が債務不存在確認請求事件として私を訴えました(欠陥住宅訴訟)。④ヤマダ・エスバイエルホームは名誉毀損を根拠として損害賠償等請求事件で私を訴えました(名誉毀損訴訟)。⑤ヤマダ・エスバイエルホームと同じ主張を繰り返している犯罪者は、インターネット上20カ所以上のサイトで私の実名と勤務先を公開して私を誹謗中傷しました。つまり、欠陥住宅を引き渡された私の被害は、5次被害にまで及んでいるのです。

    イメージ 1


    0 0

    3月7日の朝日新聞朝刊に「言論封じ『スラップ訴訟』批判的な市民に恫喝・嫌がらせ」という見出しの記事が掲載されました。ようやく報道機関も目を向け始めたようですが、ここで紹介されているDHCやオリコン、武富士などと比較しても、私を名誉毀損で訴えたヤマダ・エスバイエルホームの主張は抜きん出て優れています。

    詳しくは後日お伝えしますが、先日の第六回口頭弁論において、私のブログの記事は全て名誉毀損に当たるから、全ての削除を求めるのだと明確に主張しました。ポルシェの記事(http://blogs.yahoo.co.jp/goinkyo_suzuki/62429191.html)どころではありません。青木興業が第1事件を取り下げた書面(http://blogs.yahoo.co.jp/goinkyo_suzuki/62365779.html)やヤマダ・エスバイエルホーム自らの主張(http://blogs.yahoo.co.jp/goinkyo_suzuki/62367284.html)に加えて、勝訴した判決文(http://blogs.yahoo.co.jp/goinkyo_suzuki/62443601.html/http://blogs.yahoo.co.jp/goinkyo_suzuki/62907300.html)さえも、ヤマダ・エスバイエルホームの名誉を毀損して損害を与えているそうです。

    素晴らしい主張です。自分で提訴しておきながら、裁判は公開が原則だと知らないようです。裁判長を困らせるとは、たいした度胸です。大丈夫ですか?北浜法律事務所・外国法共同事業さん!ヤマダ・エスバイエルホームの意向があったとしても、弁護士が専門家として機能しないならば、代理人に国家資格なんて必要ないのではないかと思います。無用に裁判を混乱させ、遅延させ、公務員の人件費を使わせているのですよ。

    イメージ 1


    0 0

    言い掛かりの目録のせいで、名誉毀損訴訟の分厚いバインダーが4冊になりました。大きめのキャスターバッグをジモティ(http://jmty.jp/tokyo)で調達して、裁判所に行きました。これで1000円です。ジモティはなかなかの優れものです。

    イメージ 1

    イメージ 2


    0 0

    窓枠をはめる前に先貼り防水紙を施工します。吐き出し窓の場合でも同様です。当たり前ですね。

    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3

    イメージ 4


    0 0

    防水紙を施工した後は通気胴縁を施工して、通気層を確保します。当たり前ですね。

    イメージ 1


    0 0
  • 03/20/16--13:30: 犯罪被害の整理
  • 先日、私の住所を管轄とする警察署の刑事組織犯罪対策課長代理の警部と1時間ほどミーティングを行ないました。本庁とも相談して法的要件を整理したそうで、色々と状況を伺いました。刑事事件の捜査なので詳しくは教えてもらえないものの、しっかりと対応していただいているようです。私に対する犯罪を整理すると、下記の通りとなります。

    1)私の実名を騙って、ネット上の掲示板などに勝手な文章を書き込んだ。
    2)私の実名と勤務先とともに名誉を毀損する情報を公開し、私のプライバシー権を侵害した。
    3)私が犯罪行為を行なったと実名で断定した。
    4)私の実名と勤務先を公開して、誹謗中傷する様々な単語を羅列した。
    5)誹謗中傷などの書き込みはネット上の20ヵ所以上に及んだ。

    犯罪者は理解していないようですが、以上の行為は刑事事件の名誉毀損罪に該当します。私は私人であり、欠陥住宅被害に遭った事実も訴訟を行なっている事実も私的な出来事です。私が訴訟の当事者であるという事実は、何一つ社会的な影響を与えません。公共性、公益性、真実性の全てが揃わない限り、事実の公開であっても名誉毀損罪です。


    0 0

    犯罪者は、私の実名と勤務する企業名を公開して私を誹謗中傷し、私になりすまして掲示板に投稿を行ない、ヤマダ・エスバイエルホームとほぼ同様の主張を繰り返していました。さも、欠陥住宅訴訟と名誉毀損訴訟についてまとめているかのごとく、都合の良い文章だけを当ブログから引用していましたが、下記の点においてヤマダ・エスバイエルホームの主張と共通していました。

    1)青木興業の瑕疵と不法行為について少しも触れていません。
    2)ヤマダ・エスバイエルホームの不法行為について少しも触れていません。
    3)私は我が家の買い取りを提案したのに、少しも触れていません。
    4)ヤマダ・エスバイエルホームが解決金の提示を要求した事実も隠しています。
    5)私が再発防止や全棟検査を訴え、協力すると申し出ていた事実も隠しています。
    6)ヤマダ・エスバイエルホームが我が家の建築時の写真や専門家の調査結果などを受け取っていた事実も隠しています。
    7)最初に青木興業が債務不存在確認請求事件を提訴したのに、私が青木興業を訴えたかのごとく記述しています。

    要するに、私がヤマダ・エスバイエルホームと青木興業に対して金を請求したら、逆に名誉毀損で訴えられたという事実のねじ曲げを行なっています。つまり、ヤマダ・エスバイエルホームのIR文書に沿った内容をまとめているわけです。なぜでしょう?


older | 1 | .... | 5 | 6 | (Page 7) | 8 | 9 | .... | 26 | newer