Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 1 to 20 of 503)
(showing articles 1 to 20 of 503)

(Page 1) | 2 | 3 | .... | 26 | newer

    0 0

    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3

    イメージ 4

    イメージ 5


    0 0

    イメージ 1

    イメージ 2


    0 0
    0 0
    0 0
    0 0
    0 0
    0 0

    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3

    イメージ 4


    0 0

    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3

    イメージ 4


    0 0

    ヤマダ・エスバイエルホームは2015年第2四半期決算を10月に発表しました。リフォーム部門の売り上げは45億8200万円で前年同期比21.8%の減少となったと、リフォーム産業新聞が報じています。全体の売上高は215億1700万円で、前年同期より約35億円減少し、営業利益は2億1300万円の赤字です。

    「ヤマダ、リフォーム売り上げ21%減収」(リフォーム産業新聞)

    通常住宅メーカーは、一戸建てを建築した施主に、その後もリフォームなどのセールスを行なうと思うのですが、我が家には一切セールスがありませんでした。それは、建築時から施工者が瑕疵を認識していたからです。うっかりリフォームなどのセールスをすると、壁体内部が崩壊しているような損害が発覚するとわかっていたからです。

    リフォームで45億円も受注があるならば、その中にはHouse55住宅も多く含まれるでしょう。リフォームをきっかけに、我が家のような欠陥が他でも発覚していないのでしょうか。それにしても、施主を騙した挙げ句に嘘をつき続け、名誉毀損だと言いがかりを付け、4期連続の赤字になるかもしれない企業に住宅建築を依頼するなんて、ものすごい冒険だと思いませんか。

    イメージ 1



    0 0

    先日、我が家の新聞に入っていた折込チラシをご紹介します。死亡事故に至る恐れのあるFF式石油暖房機などの製品回収を告知していますが、もう10年ほど続けているようです。そもそもは国の指導があったとはいえ、これほど粘り強く、かなりの費用を投じて責任を果たそうとするパナソニックは素晴らしいですね。なんと、対象製品の引き取りで5万円もくれるそうです。

    さて、パナホームはどうでしょうか。当ブログでも何回か取り上げましたが、いくつも問題を起こしています。しかも、パナホームは、真摯に問題を解決しようとせず、社会常識からかけ離れた酷い対応を繰り返しています。旭化成が旭化成建材を正したように、パナソニックはパナホームを正そうとしないのでしょうか。建築業界に自浄作用はないのだから、建築業ではない親会社が正すしかありません。

    でも、ブラック企業認定されたヤマダ電機がヤマダ・エスバイエルホームを正すのは無理ですね。我が家の問題の根本はそこにあるのですから。House55住宅を直ちに全棟検査すべきだと言っても、企業の社会的な責任を理解していない相手には通じませんでした。一度は瑕疵を認めて解決金を支払う意志を示したのに、掌を返して私達を攻撃しているのは、企業トップの判断があったからに違いありません。

    イメージ 1

    イメージ 2


    0 0

    日本は本当に残念な国になってしまいました。職人が支えてきた高品質な物作りは、もう過去の遺産だと諦めるしかないのでしょうか。ダイワハウスも欠陥としか思えない住宅を売った挙げ句に、自分の非を認めない企業でした。「基礎工事完了時は基礎の水平は大和ハウスの基準以内の高低差でしたが、引渡し時までに建物の重さで地盤沈下し、3ミリの基準を超える7ミリの高低差で引き渡してしまった」のに、本社技術部は「多少沈むのは仕方ない」という見解らしいです。

    大手ハウスメーカー(大和ハウス)新築建売トラブル日記(ここさん)

    当ブログで公開しているように、欠陥だらけの我が家であっても基礎は一切傾いていません。外壁材の内部が見えないのは当然として、内装職人の腕が良かったために、壁体内部が崩壊しても室内からは全くわかりませんでした。上記のブログで紹介されている動画を見ると、基礎以外にも多くの問題があります。特に、窓サッシのねじが穴にストンと入っているだけの、摩訶不思議な映像は必見です。大半の欠陥住宅は、1ヵ所や2ヵ所の瑕疵ではなく、そこら中に瑕疵があるのです。それは、家の建て方を知らない、職人とは呼べないような素人同然の作業者が施工しているからです。

    末端の職人の技量が低かった場合に、どうしても欠陥住宅が発生してしまうという事情は理解できます。しかし、何があろうとも自分の非を認めず、場合によっては弁護士を使って攻撃する企業の態度は理解不能です。間違いがあったならば反省して、次の業務に活かそうとするのが真っ当な企業です。住宅建築では、無責任極まりない経営がまかり通り、ベテランから若手に正しく技能が継承されていないとしか思えません。


    0 0

    昨年、ヤマダ電機がブラック企業大賞とウェブ投票賞をダブル受賞した「ブラック企業大賞」で、2015年のノミネート企業が発表されました。ちょっと小粒な企業が多い中で存在感を示しているのがセブン-イレブン・ジャパンです。「見切り販売」を契約違反だとしていた同社は、最高裁まで争って敗訴が確定しました。

    第4回 ブラック企業大賞2015 ノミネート企業発表!(ブラック企業大賞企画委員会)

    ただ、幾つもの訴訟が提起されていて、かなり複雑な状況にあるようです。下記の最高裁の判決は別々の訴訟についての報道で、「見切り販売」についての司法判断も訴訟ごとに異なるとあります。値引き問題だけではなく、廃棄した商品に対してロイヤリティの支払いを求めていたり、ブラックバイトの温床となっていたりするので、問題の多い企業だとわかりました。

    セブンイレブン廃棄ロス訴訟、本部敗訴も報道されず(MyNewsJapan)

    最高裁でセブン-イレブンの「違法」確定――見切り販売の妨害で敗訴(BLOGOS)

    セブンイレブン加盟店主、見切り販売で勝訴(ニュースソクラ)

    しかし、もっと深刻な問題はマスコミがこうしたニュースを報じないことです。いつもは言論の自由を振りかざしているのに。セブンイレブンの広告費は莫大ですので、テレビ局や新聞社が口をつぐんでしまっています。My News Japanに書かれているように、役員や部長が実際に毎日新聞に乗り込んだようでもあります。ヤマダ電機のブラック企業ぶりを報じないのも金欲しさですが、マスコミもブラック企業大賞にノミネートされるべき企業です。


    0 0

    第四回口頭弁論期日が近付いてきましたので、お知らせします。今回は、反訴被告ヤマダ・エスバイエルホームの準備書面(1)、準備書面(1)訂正申立書、反訴答弁書に対して、私が第三準備書面で反論する予定です。証拠は乙80号証まで達しましたが、虚偽の羅列をいちいち崩すのも面倒としか言いようがありません。どんなに嘘をついてとぼけようと、電話には秒単位で時刻が記録され、メールには文章が残されています。

    平成27年(ワ)第10558号 損害賠償等請求事件
    平成27年(ワ)第23680号 損害賠償請求反訴事件
    本訴原告(反訴被告) 株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム
    2015年11月30日(月)10時 東京地方裁判所611号法廷

    今回は、文書提出命令申立書と証拠申出書も提出しますので、今後どのように訴訟を進めるのか、次回に協議するのでしょうか。ただ、もう11月末ですので、次回は年が明けることになるかもしれません。欠陥が発覚して以来、もう3年と5カ月が経過しました。だから、私は我が家の買い取りを提案したのに。買い取りが解決策として適しているのは、「パークシティLaLa横浜」を見ても明らかです。ヤマダ・エスバイエルホームは何のために争っているのでしょう。

    0 0

    先日、我が家のポストに入っていたチラシをご紹介します。火災 事故に至る恐れのある加湿器の製品回収を告知していました。なんと、対象製品の引き取りで5千円もくれるそうです。経済産業省は、発煙・発火の恐れがある加湿器2機種について、未回収製品を早急に回収するように、2013年3月にTDKに対して「危害防止命令」を出していました。

    このチラシには、22年前の製品も回収の対象だと書かれています。あれれっ?20年で除斥期間や消滅時効は経過するし、製品購入時にわからなかったはずがないと最高裁は決め付けるんだから、回収の必要はないんじゃないですか?でも、長崎市のグループホーム「ベルハウス東山手」で、当該機種が原因とみられる火災事故が発生して4人も死亡していますね。

    「時論公論 『繰り返されたグループホーム火災』」(NHK解説委員室)

    TDKは、企業の社会的な責任を果たそうと再発防止に取り組んでいます。では、最高裁は、築20年を経過したHouse55住宅が我が家と同様の原因で倒壊して、誰かが死亡したら責任をとってくれるのでしょうか。青木興業とヤマダ・エスバイエルホームの責任を免除したのだから、その責任を最高裁が負うべきではありませんか。

    イメージ 1

    イメージ 2


    0 0

    最高裁から届いた決定とともに、予納郵券で使われなかった分が返却されました。日本郵便に確認したところ、切手を現金に払い戻す場合は1枚あたり5円かかるそうです。レターパックなどの支払いに使う場合も同様で、余程額面の大きい切手でなければ換金する意味がありません。

    さて、どうしましょうか。名誉毀損訴訟の控訴に備えましょうか。とりあえず、受領書の返送を求めていたので郵送しましたが、1円切手と5円切手を整然と並べました。切手の面積に制限はなく、宛先をきちんと判読できればいいとのことです。宛先は最高裁の封筒を再利用して、切り貼りしました。

    イメージ 1

    イメージ 2



    0 0

    欠陥住宅訴訟では、最高裁判所で上告が棄却され、上告受理申立も退けられました。私は、除斥期間の起算点を判例通りに主張し、除斥期間が経過してしないと極めて合理的かつ論理的に上告理由書および上告受理申立理由書で述べましたが、はたして最高裁の判事はきちんと読んでいるのでしょうか。最高裁とは厳密な判断を下せる組織だと受け取っていましたが、本当に幻滅しました。

    調書(決定)にある文面はただの定型文です。私達は、最高裁だけで226,000円もの費用を払わされましたが、その対価としてふさわしい返事だとは思いません。棄却であったとしても、私の訴えに論理的に答えていない紙っぺらは、詐欺のようなものです。それとも、私が本人訴訟だから読む価値はないと判断されたのでしょうか。司法研修所の同期や大学の先輩、大手法律事務所の名前があったら結果は異なったのでしょうか。

    あるいは、読んでいながら、このような決定を下したならば、不思議としか言いようがありません。私は、弁護士よりも論理的で明解な理由書だったと自負していますが、その内容は、除斥期間を専門とする立命館大学法科大学院教授の論文から組み立てています。調停にあたった東京高裁の判事は、私の控訴理由書に感心していました。調停が不成立になった段階では、「上告」と「上告受理申立て」という方法を教えてくれました。しかも、「僕も最高裁の判断を見てみたい」という趣旨の発言もあったのです。

    この裁判で、合理的で論理的な判断が行なわれれなかったということは、裁判官は常に恣意的な解釈を行ない、法律や最高裁判例とは無関係な判決を下すということです。なるほど「絶望の裁判所」ですね。帯には「裁判所の門をくぐる者は、一切の希望を捨てよ!」とあります。元エリート裁判官の言う通りでした。

    イメージ 1


    0 0

    我が家の訴訟で最高裁第三小法廷裁判長を務めた岡部喜代子判事は、元エリート裁判官の瀬木比呂志氏が執筆した「絶望の裁判所」で取り上げられていた学者出身の判事かも知れません。ウィキペディアの情報なので必ずしも信頼できませんが、最高裁判事になるのに「十分な業績のある人物ではない」と裁判所内部で受け止められていました。通常、最高裁判事には業績を積み重ねてきた学者出身の重鎮が選ばれる枠があるそうですが、裁判員制度などとの関連で、当たり障りのない判断を下す判事が選任される人事が行なわれていたようです。

    今回の決定とは関係ありませんが、大谷剛彦判事は、テレビ番組で好き勝手な放言を行なっているコメンテーターの実兄らしいですし、大橋正春判事はベテラン弁護士からの選任です。山崎敏充判事のキャリアは裁判所のエリートそのものといった感じで、まあ、バラエティに富んだ、偏りのないメンバーだと言えそうです。

    私は、除斥期間に関する最高裁平成元年判決の判例変更も訴えていましたが、「絶望の裁判所」に書かれていたような人事では、到底無理な話だったのでしょう。判例変更の場合は、大法廷を開かなければなりません。どのような手順で小法廷と大法廷に分かれるのか私は知りませんが、最高裁判所大法廷に立ってみたかったと残念でなりません。

    0 0

    民法第724条は「不法行為による損害賠償の請求権は、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から三年間行使しないときは、時効によって消滅する。不法行為の時から二十年を経過したときも、同様とする」です。

    では、ここで小学校の国語の問題です。「同様とする」が指す言葉はどの部分でしょうか。生徒Aは「時効によって消滅する」と答え、生徒Bは「どこにも書いてないけど、理由を問わず請求権を失う」と答えました。教室のみんなに教師Xは教えます。「B君が正解です」。生徒Cは「それって、おかしくないですか?同様と書いてありますよ」と詰め寄りますが、教師Xは「いいんです!私が決めたんだから!」と断言しました。これが最高裁平成元年判決です。

    この教師Xの発言は、その後、職員会議で問題となりました。教師Yや教師Zは、自分が担当する生徒に対して、教師Xの発言を擁護しながらも、「理由を問わないわけではない」という授業を自分が担当する生徒に行いました。教師Yは「損害を知らなかったら、請求できないよね」と言い、教師Zは「悪い奴らが故意に隠していたら、請求できないよね」と理由を教えています。

    でも、教師XYZとともに間違っています。生徒Aの答えが正しいと誰もが考えるはずです。教師Xの答えが間違っているならば、教師Xの発言を擁護してはいけません。100%誤りであるとして正さなければ、生徒は混乱してしまいます。法律は言語によって成立しているのであり、その言語を裁判官が恣意的に解釈したら、法律として成立しなくなります。最高裁の判事は、自分が立法府の長にでもなったつもりでしょうか。これでは最高裁こそが法的不安定の源です。

    0 0

    三省堂大辞林では、認識とは「物事を見分け,本質を理解し,正しく判断すること。また,そうする心のはたらき」 であり、「人間(主観)が事物(客観・対象)を認め,それとして知るはたらき」だと説明されています。

    では、ここで小学校の図画工作の課題です。「外から中が見えないけど、中に何があるのか誰でも認識できる箱を作りなさい。なぞなぞではありません」と教師Lが生徒に指示しました。生徒Dが「そんな箱あるわけないじゃん」と言うと、生徒Eが「箱を振ったり、光を当てたりすればわかるよね」とアイデアを出しました。しかし、教師Lは「動かしてはいけないし、光を通すこともできません。ピッタリと密閉してください」と条件を付けました。

    すると、「それじゃあ無理だよ」「そんな箱を作れる人がいるわけないよね」「密閉して置いてあるだけの箱なのに、中に何があるのかわかるわけありません!」と、生徒達は口々に反論しました。そんな生徒達に対して教師Lは「黙れ!中に何があるのか誰でもわかる箱は作れるんだよ!」と、いつものように威張り散らして怒鳴りました。これが我が家の最高裁での決定です。

    滅茶苦茶ですね。密閉された箱の中に何があるのかわかる人は、その箱を作った人だけです。にもかかわらず、私にもわかったはずだと極めて知能の高い人達に決め付けられてしまいました。私の頭がおかしいのでしょうか。私の目に欠陥があるのでしょうか。私はこれまでの人生で、知的障害であるとか身体障害であるという指摘は受けていません。なぜ、建物引き渡し時に、密閉された壁体内部に瑕疵や不法行為があるとわかるのか、私には理解不能です。最高裁の判事は、自分が立法府の長にでもなったつもりでしょうか。これでは最高裁こそが法的不安定の源です。

(Page 1) | 2 | 3 | .... | 26 | newer