Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


    0 0

    明日、私の勝訴的和解が成立する運びとなりましたので、ここにご報告いたします。ただし、相手方は常軌を逸した企業ですので、掌を返す可能性は残っています。だから、現時点で私は半信半疑です。あくまでも予定であり、実際に和解が成立するのかどうかはわかりません。さらに、和解が成立したとしても、これだけやらかした企業が和解条項を守るという保証はありません。ヤマダ・エスバイエルホーム及び青木興業が和解条項を守らないならば、私も和解条項を守る必要はなくなると警告しておきます。

    私達と我が家が被った甚大な被害について、私は全ての経緯を明かしてきました。なぜならば、真実は何よりも強いからです。真実は雄弁であり、誰に正義があるのか客観的に証明するからです。そして、悪事を働いている連中は、事実の暴露を最も嫌います。事実を積み重ねれば簡単に虚偽が明らかになり、恥ずかしい思いをするからです。

    なぜ和解するのか疑問に思われる方もいるでしょう。判決で決着をつけるべきだと。確かにそうかも知れません。あくまでも正義を通し、悪を罰するという選択肢もあります。けれども、様々な観点で総合的に判断して、私は和解に応じることにしました。その理由を以下に箇条書きにします。

    1)当ブログ及び我が家の写真や映像は、情報提供を目的としています。しかし、ヤマダ・エスバイエルホームの経営者が有り得ない対応を繰り返したために、業績は窮地に陥り、社員は困難な業務を強いられています。こうした社員やその家族が路頭に迷う事態を避けるには、争いを終結する必要があります。

    2)仮にヤマダSxLが倒産してしまうと、今後欠陥が発覚した場合には、施主が損害賠償を求める相手を失ってしまいます。私は欠陥住宅の被害者として、道を閉ざす事態を避けるべきだと考えています。

    3)我が家の損害が発覚して以来、4年10カ月になろうとしています。その間に私は2度も提訴され、それぞれに反訴しました。欠陥住宅訴訟では除斥期間という摩訶不思議な解釈に異議を唱えるために、最高裁まで争いました。私が名誉毀損訴訟でダブル勝訴しても、ヤマダSxLは控訴し、最高裁まで争うでしょう。裕福ならばすべてを弁護士に依頼するだけですが、私は貧乏人です。正直言って、訴訟に疲れています。

    4)和解条項の内容は実質的な私の勝訴です。ある程度の和解金を得ていますが、私の感覚ではゼロが一つ足りません。それでも、法曹界の常識からすれば破格の金額のようです。河合芳光裁判長は、和解金を払わせる事実を重視してはどうかとおっしゃいました。

    5)私には、これまでの活動で一定の成果を上げているという自負があります。個人でも大企業と闘えると実証し、被害者が泣き寝入りする必要はないと啓発しました。民主主義に寄与するインターネットという武器の使い方を社会に示すことができました。

    そうそう、ヤマダSxL代理人弁護士は提訴以降、訴状及び全ての準備書面を通じて私の不法行為となる法的根拠を陳述していません。興味のある方は過去の記事で確認してください。私の独学なので間違っているかもしれませんが、法的根拠の陳述がなければ訴えは認められないはずです。最後にとどめを刺す隠し球として用意しておきましたが、使い道がなさそうなので未熟な弁護士に教えて差し上げます。

    河合裁判長には、お世話になりました。適格な訴訟指揮だったと私は受け止めています。また、和解条項に守秘義務は付いていませんが、紳士協定として具体的な内容は差し控えます。なお、明日以降は和解条項によりコメントには回答できなくなります。頂いたコメントを私が読むことはできますが、すべて非公開とさせていただきます。これまでたくさんの応援有り難うございました。この場を借りて御礼を申し上げます。

    0 0

    私(泣き寝入りしない男)と株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム及び青木興業株式会社は、私が所有していた住宅に関する争いについて円満解決いたしました。ヤマダ・エスバイエルホームは、施主や住民の申出があればハウス55住宅の点検を行い、誠実に対応すると約束しています。

    0 0

    犯罪者は、私が弁護士の名前を公開したのが気に入らなかったようです。意味不明な言い訳から、私の実名を公開した背景に報復のような意図を感じました。当ブログを開設して以降、私は弁護士の名前を公開しませんでした。しかし、嘘を並べ立てた主張を法廷で繰り返し、私に対する脅迫行為も繰り返したので、半年位前から公開しています。弁護士法を少しも遵守していません。

    弁護士は国家公務員に準じる司法研修生として、第64期までの全員が税金から給与を得ています。そして、業務独占資格が与えられます。資格のない者が弁護士を名乗ることはできず、報酬を得て代理人となることもできません。国家が彼らの職業を守り、結果として非常に高額な収入を得ています。つまり、弁護士として活動する限り、弁護士は公人です。

    医師や一級建築士なども業務独占資格に該当しますが、公的な組織に属さなければ税金から給与が支払われることはありません。あるいは、写真のような豪華な施設で、宿泊しながら勉強に専念できる期間も得られません。弁護士は国民に批評されて当然の立場にいます。犯罪者は、そうした弁護士の味方であるかのように振る舞ったわけです。なぜでしょう?


    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3


    0 0

    犯罪者は、私に弁護士を使えとしきりに訴えていました。素人相手の方が、ヤマダ・エスバイエルホームは勝訴しやすいはずなのに不思議ですね。私が弁護士を代理人としていれば、弁護士同士で話し合いができたと言わんばかりの主張です。我が家の損害発覚時から現在に至るまで、私は話し合いを拒絶していませんので、いくらでも私に連絡すればいいのですが。

    私が自分で対処した訴訟を弁護士に依頼していたら、いくらかかったでしょう。一般的に、提訴された事件で弁護士に依頼すると、それで1案件です。その訴訟で反訴すれば、別の案件となります。また、地裁、高裁、最高裁はそれぞれ別の案件となります。つまり、私の場合は欠陥住宅訴訟で4案件、名誉毀損訴訟で2案件です。仮に、請求額3,000万円の5%が着手金となるならば、損害賠償請求事件だけで600万円にもなり、名誉毀損訴訟を合わせれば700万円です。弁護士に依頼する意味がありません。

    弁護士報酬については、日本弁護士連合会の案内(http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/attorneys_fee/data/guide.pdf)に目安が出ていますが、どうやら犯罪者自身は弁護士に報酬を払った経験がないようです。そうでなければ、弁護士に依頼すべきだというような主張にはならないと思います。犯罪者にとっては、私が弁護士に依頼した方が都合が良かったわけです。なぜでしょう?


    0 0

    犯罪者は、単語の羅列に異常にこだわっていました。私は、ヤマダ・エスバイエルホームや青木興業に関連する単語をいくつかのページにタグとして入れています。欠陥住宅という社会問題を投げかける目的であり、ハウス55の損害に気付かない被害者がいるかもしれないからです。もちろん、誹謗中傷するような単語は入れていません。しかし、犯罪者はタグに腹を立てたようです。まさしく逆切れ。私を誹謗中傷する単語を羅列して、ネット上にバラまいた心理には、かなりの悪意を感じます。

    また、犯罪者は私が名乗っている肩書きを使用していません。アマゾンには著者として私のプロフィールを詳しく公開しているのですが、その写真を盗用したにもかかわらず、私の正しい肩書きを使いませんでした。過去の業務に由来する職種を私の現在の職業であるかのように書き込んでいました。とすると、誰かが調査して共有された情報を私の肩書きとして使ったのかもしれません。

    言い訳のコメントで、最初は私を応援していたなどと犯罪者はうそぶいています。我が家の欠陥住宅問題について何年も前から知っていたのです。実名でヤマダ・エスバイエルホームと闘うべきだというのならば、私を誹謗中傷する必要はありません。さらには、ヤマダ・エスバイエルホームと同様の主張を展開する理由もありません。つまり、犯罪者は最初から私を敵視していたわけです。なぜでしょう?


    0 0

    日曜の深夜に当ブログに宣戦布告のコメントを投稿し、月曜火曜と朝から大量の書き込みを実行できるということは、犯罪者は無職か、限りなく無職に近い人物です。例えばニートとか、名目だけの社外取締役とか、仕事がない弁護士とか。まあ、私はこれほど闘い続けているし、当ブログではヤマダ・エスバイエルホームの悪事が次から次へと暴かれているので、逆恨みしている人物であることは確かです。

    犯罪者は、私の実名を知っていた可能性が高いと考えられます。実名を知っているならば、青木興業、ヤマダ・エスバイエルホーム、匠総合法律事務所、北浜法律事務所・外国法共同事業の関係者や退職者が疑われてしまいますが、この馬鹿な犯罪者は躊躇しませんでした。何がなんでも私の名前を出したかったのです。解雇でもされたのでしょうか。そういえば、誰かさんは、欠陥住宅訴訟の準備書面においても私を原告とせずに、わざわざ名前を付けて「原告○○」とか書かせていましたね。

    今回の犯罪は、その悪質で執拗な書き込みから極めて強い悪意が感じられます。警察は無関係な者ではないだろうと、最初に推測していました。犯罪者の悪意は虚偽主張を繰り返している青木興業やヤマダ・エスバイエルホームの準備書面と同質だと感じます。でも、こんな犯罪行為を行なったら、青木興業やヤマダ・エスバイエルホームにとって不利に作用するとわかるはずです。それでも犯罪者は憂さ晴らしを実行してしまいました。なぜでしょう?


    0 0

    犯罪者は、住宅関連掲示板で私の実名を騙って「名誉棄損」という間違った表記を行なっていました。以下の画像は既に削除されている投稿ですが、私は被害をすべて手元に残しており、警察にも提出しています。ちなみに、私は青木興業に名誉毀損で訴えられていませんので、青木興業に同調してもらえなかった犯罪者の無念さが現れていると言えます。

    パソコンを普通に使って「めいよきそん」と入力すれば「名誉毀損」と変換されるので、犯罪者は「名誉棄損」が正しいと考えているのかもしれません。「名誉棄損」の「棄」は当用漢字になかった「毀」の置き換えで、日本新聞協会が決めた手法です。さて、私は弁護士から届いた通知書にも同じ表記を見つけました。

    「ヤマダ・エスバイエルホームから届いた名誉毀損の主張-1」(当ブログ)

    手書きすると難しい文字ですので、正しく書けない人は多いだろうと予想します。でも、弁護士の誰もが「名誉毀損」を間違えて「名誉棄損」とタイピングするとは考えにくいですね。ただ、弁護士ドットコムなどでは誤用されていますので、「名誉棄損」は単純ミスが偶然一致しただけという可能性もあります。犯罪者は漢字を知らない馬鹿だ判明しましたが、どこの誰なのかは捜査中です。

    イメージ 1


    0 0

    イメージ 1
    イメージ 2
    イメージ 3
    イメージ 4
    イメージ 5
    イメージ 6


    0 0

    自業自得だと理解できない嘘つき企業は、余程困っているようです。1カ月以上も経過してから気付きましたが、極めて悪質なすり替えと私に対する誹謗中傷が行なわれていました。ヤマダ・エスバイエルホームは、ついに自社のホームページ(トップページ)に自分達の悪事を掲げざるを得なくなりました。

    まず、これは欠陥住宅訴訟に関するもので、名誉毀損訴訟は東京地裁で一審が続いています。そして、「最高裁決定による勝訴確定のお知らせ」という文書に記述されている「当社側の主張が全面的に認められ」という記述は虚偽です。欠陥住宅訴訟は、一審、二審とも除斥期間の経過によって私が損害賠償請求権を失っているという判決で、ヤマダ・エスバイエルホームや青木興業の「瑕疵や不法行為がない」という主張は認められていません。

    名誉毀損訴訟の大阪地裁から東京地裁への移送において、ヤマダ・エスバイエルホームは「同訴訟においては、本件建物の瑕疵の存在や不法行為に関する除斥期間の点などが争点となったが、一審・二審とも、他の争点については触れることなく、申立人の請求について除斥期間が経過していることを想定し、申立人の請求をいずれも棄却した」と自ら意見書で主張しています。何という矛盾でしょうか。何よりも、私が請求権を失った原因は、ヤマダ・エスバイエルホームと青木興業が瑕疵および不法行為を隠して建物を引き渡し、その後も瑕疵および不法行為を隠蔽し続けたことにあります。

    東京地裁判決文/画像01

    控訴審判決文-1

    欠陥住宅訴訟:<速報>敗訴確定

    当ブログへの誹謗中傷について-1

    当ブログへの誹謗中傷に対する反論-1

    名誉毀損訴訟:被告第4準備書面別紙「瑕疵一覧表」/画像

    また、「最高裁決定による勝訴確定のお知らせ」にリンクされている「当社および当社代理店を誹謗・中傷するブログについて」というリリースは全てが虚偽です。私はヤマダ・エスバイエルホームから会いたいと言われたから会いに行き、最適な解決策として買い取りを提案しただけです。ヤマダ・エスバイエルホームはその提案を断り、瑕疵を認めて、私に解決金の提示を要求したというのが真実です。

    私は、専門家の調査書を渡して、再発防止や全棟検査に協力するとも申し出ているし、ヤマダ・エスバイエルホームの要求に応じて建築時の写真なども提供しています。おまけに、この文書は私の居住地まで公開している異常な内容です。この企業に個人情報を渡すと、何をされるかわかったものではありません。

    青木興業は2012年7月1日に現地を調査しており、名誉毀損訴訟では原告になっていません。この事実だけでも、我が家が欠陥住宅だという証拠になります。しかも、ヤマダ・エスバイエルホームは施工者ではなく設計監理者ですので、瑕疵の存否について名誉毀損を争う法的資格はなく、建築士法に定められた監理義務を履行したと主張しているわけでもありません。これほど酷い欠陥住宅を引き渡した挙げ句に、虚偽だらけの主張を繰り返し、被害者を誹謗中傷して二度も提訴し、微塵も反省していない加害者に、あなたは人生をかけた住宅建築を依頼しますか。

    イメージ 1


    0 0

    当ブログにストーカーのようにコメントしていたと思われる人物が、ヤマダ・エスバイエルホーム元社員だと白状しました。この人物は、瑕疵の証拠や酷い対応を否定して、無関係な自動車の整備不良や食品の賞味期限切れを引き合いに出し、我が家や私の損害を一切認めようとしませんでした。また、築20年以上になるハウス55のオーナーで、自分はとても満足していると書き込んでいました。それはそれで構いませんが、ヤマダ・エスバイエルホームの関係者ではないと名乗っていたこともあります。私に対する罵詈雑言をコメントとして入れ続けたので、この人物であろうコメントは既に削除しましたが。


    「ヤマダ・エスバイエルホームの評判ってどうですか?(総合スレ)」(e戸建て)

    (引用ここから)
    No.460 by エスバイエルオーナー 2017-02-05 00:39:56

    私はいい家に住んでます。 
    快適な住まいですよ。 
    近所にもエスバイの家が沢山建ってます。 
    皆さんも快適に住んでます。 
    特に今の季節は快適です。 
    建設業界の人がエスバイの家を選んで建てて 
    いるの多いんです。知ってました? 
    消防士の人がエスバイの家を選んで建てているの多いんです。知ってました? 
    シャーウッドだって壁体内換気を採用してるの知ってました?良いからでしょ。元社員だから知っている事だけど、 
    今勤めている社員ども、もっと自信持って頑張れよ
    (引用ここまで)

    素晴らしい元社員ですね。会社を辞めた後でも必死に宣伝しています。あるいは、毎日「住友林業 ブログ 欠陥住宅」で5~8回も検索して当ブログに訪れているから、現在も社員かもしれません。当ブログに記述していない内容を知っていて、負けが確定している状況にイラついています。この投稿の前には、私とは無関係な投稿を私が一人で投稿していると難癖を付け、「馬鹿」とまで書いていました。どっちが「馬鹿」でしょう?醜態を晒せば晒すほど、客が逃げていくと理解できないようです。しかも、スマホのアクセス履歴は完全に把握できると知らない馬鹿らしい。お前はヤマダエスバイエルの社内で私の実名を知って、私の個人情報と私に対する誹謗中傷をネット上の20ヵ所以上にバラまいて魚拓をとった犯人だろ?